2018年07月30日

指導するとはどういうことか?


ある公立中学のテニス部で、サーブがなかなかうまく入らない生徒に対して練習ミスの罰として「校舎外周を80周走れ」と顧問の男性教諭(31)から指示され、途中で倒れて救急搬送されたという報道がありました。

教育長は記者会見で「行き過ぎた不適切な指導で、保護者におわびする」と謝罪しました。

テニスで失敗した生徒に対して、炎天下のグラウンドを走らせることはそもそも「指導」ではありません。

「良い結果が出ない」⇒「嫌がることをさせる」「叱責する」

ということをしたがる癖を持っている人たちが教育業界にいます。そうじゃないよ、技術指導だよ、という文化に変えて行きたいと思います。

posted by ちゃっぴぃ at 11:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする